「モノクロのキス」の歌詞 黒執事 OP シド

2008/10/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であいにいろはなくて モノクロ ける
いたみごと きみ ゆだねましょう

傷跡きずあと つよくなぞる 容赦ようしゃないあきがきて
すずしいゆび 手招てまねくままに

けたあとのやっかいな こおりみたいなわたし
やさしくすくって 上唇うわくちびるあそ

それでもひとつのあいかたちさが
とおくよりもいまむすんだ れたひとみ
できればこのまま つつまれてわりたい
二人ふたりめた あわはだ つきかくれてる

あれからいくらか よる きにもなりました
依存いぞんうみ いきわすれて

夢中むちゅうのその手前てまえ生温なまぬるさだけをのこして
ぎわ美学びがく 得意とくいげなキスきら

一人ひとりにしないで もうさっして あやめて
どの言葉ことばきみ部屋へやでは すりけていくの
みだれて ねむって それ以上いじょうおしえて?
笑顔えがおいに まよ吐息といき つきだけがてる

つぎながはり天井てんじょうとどころには
きみはもういない わたしはもういらない

それでもたしかにあいかたちさがした
とおくよりもいまむすんだ れたひとみ
できればこのまま つつまれてわりたい
そのねがいは よるむなしく あされてくる

やさしくて あつくて 卑怯ひきょうなキスで

いろどってよ 最後さいごよる つきらしてる