「冬のベンチ」の歌詞 シド

2012/8/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かわいたくちびる さるかぜかくしたのひら 指先ゆびさき つないだ
ぼくサイズ ニットを 上手じょうずこなす きみむかえた あさ

「こんなるなんてゆめみたい」なんて 本当ほんとうおな気持きもち それ以上いじょう

はなれても またすぐに いたくなった ぼく
大人おとなげない 大人おとなこい すこしの不安ふあんもいいさ
出会であいとわかかえし これは最後さいご出会であい?

週末しゅうまつ えるのに かぎりある今夜こんやはり不機嫌ふきげんさ わがままなぼく
終電案内しゅうでんあんない ぼく右手みぎてごと いますぐうばって はや

ねっしたらいつめる そこに臆病おくびょう距離きょりとか 時間じかんとか もうやめにしよう

街角まちかどいろどった イルミネーションだって
とおくから たほうが ぼやけて綺麗きれいさ きっと
だけど ちかくでかんじてたい ぬくもり まぶしい いま

明日あしたもるかな…ねぇ明日あした…」 じた
きしめたい

はなれても またすぐに いたくなった ぼく
大人おとなげない 大人おとなこい すこしの不安ふあんもいいさ
出会であいとわかかえし これが最後さいご出会であ

もる いくつもの 肩寄かたよった こい
空席くうせき見当みあたらない 今夜こんや仕方しかたがないさ
来年らいねんもまた そのつぎも ずっと ずっと よう