1. 微熱歌詞

「微熱」の歌詞 シド

2005/11/16 リリース
作詞
マオ
作曲
御恵明希
文字サイズ
よみがな
hidden
しず夕日ゆうひびたかげわれて つぎ約束やくそく すのがこわかった
きみぼくをさらって8時はちじのバスは 「ずいぶんとおいとこまでたね。」ってすこわらった

夢中むちゅうって った あおはる
ひらいたアルバムから ゆっくりと ゆっくりと つぎのページへ

ありがとう ありきたりなこの言葉ことばませたくないけど
ここからうたにすれば れるまでは ぼく意味いみだから

とどいた手紙てがみふうはじめてった あのよろこがさぬように めて

うそあらそ期待きたい まよいとかつかれたなら
ここにかえっておいで 気休きやすめで 一時いっときかまわないさ

ありがとう ひとひととどけるのはむずかしくなっても
うしろにつづみちかえれば そこにかてがある

ありがとう はなれてても そばても すべてのあなたへ
めない微熱びねつはまだ 七色架なないろかかったそらかって えるまで