「泣き出した女と虚無感」の歌詞 シド

2009/1/14 リリース
作詞
マオ
作曲
御恵明希
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたいひとみ そのさきしたおんな虚無感きょむかん
あわててぬぐうかのよう吐息といき2秒にびょうふさいで

バスタブの水面みなも れる おとかくれてお遊戯ゆうぎ
れた指先ゆびさきでなぞる らない部位ぶいなどないけど

こえにだして おれもとめれば? 擬似ぎじ あげる

アブがくノーマルな部屋へや さないで よくはさらして
一人ひとり 暗闇くらやみおど可愛かわいあかりはあたえない

自称じしょうくつがえすべく 入念にゅうねんてっした 放置ほうち
はなひらころ 午前4時ごぜんよとき 睡魔すいまとのざり 丁度良ちょうどい

全部捨ぜんぶすてて おれもとめれば? もうれて「いって」あげる

はげしくせた おまえも 不埓ふらち過去かこ
まとめてあいそう おれなかでもがくよう何度なんどでもいて

てたよるからゆびけてねむればいい

かなしくなが言葉ことば湿しめった過去かこ
こわそう まとうものはもうなにもない

はげしくせた おまえも 不埓ふらち過去かこ
まとめて愛相応あいそうおう おれなかでもがくよう何度なんどでもいて 何度なんどでもいて