「秋風」の歌詞 シド

2011/9/28 リリース
作詞
マオ
作曲
御恵明希
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもよりすこあさくかぶったハット すりける陽射ひざ
ひろがった視界しかい ターコイズが オレンジ ほほめて

シーズンオフのしずけさ 「またね」
名残なごしむ こみこみで おも

夕食ゆうしょくまでにとかされた あのころ気持きもちと ていて
だれうらわけじゃないけど 毎年まいとし どこかれなくて
秋風あきかぜつつとおこえ 美化びかされた きみけたはだ
みじかすぎた灼熱しゃくねつあと 心地ここちよく 微熱びねつ

まちせわしく もどそうと つぎ長期ちょうきまで はし
ここ特有とくゆう頑張がんばりすぎ それがまたさであり

一周いっしゅうかけて 煮込にこんだシチュー
一口目ひとくちめ四季しきうつくしきあじ

ちょっとまえぼくなら きっと もどりたいと駄々だだをこねては
みしめる余裕よゆうとかなくて 足跡あしあと ながされるのがいや
放課後ほうかごに こだまするチャイムを いかけて 大人おとなになってた
それはそれで たのしめてるかな いつかのゆめ

おおきなテーマに沿って きなぐってみた このノート
収拾しゅうしゅうがつかないほど 可能性かのうせいあふれてる

夕食ゆうしょくまでにとかされた あのころ気持きもちと ていて
だれうらわけじゃないけど 毎年まいとし どこかれなくて
秋風あきかぜつつとおこえ 美化びかされた きみけたはだ
みじかすぎた灼熱しゃくねつあと

ちょっとまえぼくなら きっと もどりたいと駄々だだをこねては
みしめる余裕よゆうとかなくて 足跡あしあと ながされるのがいや
放課後ほうかごに こだまするチャイムを いかけて 大人おとなになってた
それはそれで たのしめてるかな いつかのゆめ