「迷路」の歌詞 シド

2014/3/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
「じゃあね」 電話でんわって
さっきまでのこえが ぐるぐると
れた そのこえ
終始浮しゅうしうかれた そのあまこえ

ずっと もどすとさ となりわらってた
あのころきみみたいに こんなよる 素直すなおいわえない

いま友達ともだちのくくりだけど
たどりくまでは をつぶったり
みみをふさいだり そのつぎなにをすればいいのか おしえて

「またね」 その一言ひとこと
ぼくらの決断けつだんにぶらせた
たまにつないだり
ごくごくたまにはね いきおいでね

きっと いつもみたいに 元通もとどおりとおもってた
それなのに きゅうだもんな こんなよる しんじられなくてさ

れたルートで きみおくって
かえみちすこかおがゆるむ
いまごろ どっかのだれかとね そんな段階だんかいこいをしてるの?

たちがわるいのは この迷路めいろ
「さよなら」という 出口でぐちがないことさ
そうさ出口でぐちは ひとつだけ 「おめでとう」で

いま友達ともだちのくくりだけど
たどりくまでは をつぶったり
みみをふさいだり そのつぎなにをすればいいのか つけた