「ANNIVERSARY」の歌詞 マギ OP シド

2013/11/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらは まよってた 真暗まっくら せま部屋へや
ぼくらは あがいてた ひかり すほう

不安ふあんや しがらみは おおきくふくらんで
おそいかかる はない べる

いやというほどに かえして
それでも まだまだ あたえるのか 試練しれん日々ひび

あきらめないつよさなら それなりに平等びょうどうだけど
しぼったよ いまにもダメになりそう
そんなとき ふと見上みあげた 先駆者せんくしゃたちの言葉ことばには
おなかおかんじたんだ

ぼくらは ゆめた さまざま おもおも
ぼくらは けてみた おたがいに すべ

勝率しょうりつ現実げんじつ ときにははらって
けばいい くやめばいい 途中経過とちゅうけいか

夢中むちゅう息荒いきあらはしつづ
づけば 無数むすう仲間なかまたちに ささえられながら

明日あしたえないのなら その方角ほうがく間違まちがいさ
一呼吸ひとこきゅうおいて ゼロからの近道ちかみちもある
簡単かんたんじゃないことでも 複雑ふくざつからまるまえ
どうか一度いちど せにおいで

出会であったんだ かれたんだ それが奇跡きせき きみにありがとう

きっと あきらめないつよさなら それなりに平等びょうどうだけど
しぼったよ いまにもダメになりそう
そんなとき ふと見上みあげた 先駆者せんくしゃたちの言葉ことばには
たよらない、うたうよ

明日あしたえないのなら その方角ほうがく間違まちがいさ
一呼吸ひとこきゅうおいて ゼロからの近道ちかみちもある
簡単かんたんじゃないことでも 複雑ふくざつからまるまえ
どうか一度いちど せにおいで