1. はしゃぎ過ぎた夏歌詞

「はしゃぎ過ぎた夏」の歌詞 シャ乱Q

1994/11/2 リリース
作詞
つんく
作曲
はたけ
文字サイズ
よみがな
hidden
灰色はいいろ都会とかいよる
何故なぜ今日きょうほし
おれのことわらってる

安物やすものぎん指輪ゆびわ
ポツリのこしておまえ
突然とつぜんってった

いちゆめみたく
あっけない幕切まくぎれだぜ
このこいきずふかくて

くだらぬパーティの途中とちゅう
一目惚ひとめぼれおまえ夢中むちゅう
運命うんめい出会であいだった

せられるよう 二人ふたりきしめあってた
こんなよるるともらず

はしゃぎぎたなつ 何度なんど電話でんわしたとこで
まえいないこと かってるのにバカだね
こんなづらいなら 出会であいたくなかったぜ Baby
かなしみのよるも これからは一人ひとりきり
もうえない もうえない

すべゆめまぼろし
がおまええない
まえよりよわいよね

べば返事へんじかえるのか
さがしたらつかるのか
だれでもいい こたえてくれ

ケンカをしたよるに おまえなぐったこの
可笑おかしいぜ ずしりといた

はしゃぎぎたなつ きだったあのレコード
さっきったのに パズルみたくならべて
こんなづらいなら 出会であいたくなかったぜ Baby
まえ寝顔ねがおながらねむよる
もうないから

はしゃぎぎたなつ 何度なんど電話でんわしたとこで
まえいないこと かってるのにバカだね
こんなづらいなら 出会であいたくなかったぜ Baby
かなしみのよるも これからは一人ひとりきり
もうえない もうえない