「ボクラとキミラ」の歌詞 シュノーケル

2007/10/3 リリース
作詞
西村晋弥
作曲
西村晋弥
文字サイズ
よみがな
hidden
ボクラはいつもまれわるんだ らないなにかをさがしにくんだ
このあしち このなにつかるだろう どうやって
あてもなくてをもとめていくんだ たとえばぼくがオルドリンだとして
地球ちきゅう見下みおろしゃだれもが赤子同然あかごどうぜんだろ え、そうなの?

本当ほんとうがウソになって ウソは本当ほんとうになって
なにがホントかうそかもからなくなって
謙虚けんきょ大人おとなになって 丈夫じょうぶ子供作こどもつくって
なにかれなにこたえてあげられるだろう? さぁ、どうだろう?

ころがってころがって もう はじばされるくらいに
この惑星ほしを この惑星ほしを YEAH! 一周いっしゅうしたら さぁ 二週目にしゅうめ

いたくなったらきみも あのフォトをながめてよ おもむくままころがってったおもいを
いつだってこのぼくあつめ このうたむのさ
じてみな なにえる?

いつまでも夢見ゆめみてたって だれにもめる理由りゆうはないぜ
あのにじかる大空おおぞらへ (んできたいよ)
なんだかそのになって 不可能ふかのう可能かのうにして
世界せかいにバカにされても ライト兄弟きょうだいんだんだよ

たたかってたたかって でも けそうなときは (FLY FLY FLY)
うたがってうたがって もう 限界げんかいなら いま そのさきたしかめよう

ボクラはいつもまれわるんだ 自分じぶんでもだれかのためでもいいんだ
ホラゆびし この明日あすつめてみよう

かすかでもこのむねうごかす なにかがあるのならめてみようぜ
平坦へいたんみちなどない なにかにをとられてはまたひとつわすれてしまうけど
いつだってそうぼくら このうたはこぶのさかたむくままころがってったおもいに
いたかったらきみも このうたうたってよこのうた
上手うまいも下手へたもクソもないだろう? ねぇ、そうだろ!