1. 夏の恐竜歌詞

「夏の恐竜」の歌詞 シュノーケル

2006/4/26 リリース
作詞
西村晋弥
作曲
西村晋弥
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなか目覚めざめて おとのない部屋へやでひとり
ベランダにけ ただボーッとして夜明よあけをっている

時々夜ときどきよるなか明日あしたるのこわくなる
静寂せいじゃくをかきすように 鼻唄歌はなうたうたった

月灯つきあかりがボンヤリ この部屋へやらして
なんだかすこ息苦いきぐるしくなって窓開まどあけた
ないフリしてた きみ化石かせきもぬくもりも
ずっとてられずに 夜明よあけとともにまたます

朝日あさひからかくれたいな うすいシーツにもぐった
真面目まじめ目覚めざましが 今朝けさしてまった

君宛きみあて手紙てがみとどいてた 僕宛ぼくあてのはひとつもないのに
いなくなったあとに きみすこしずつえていく
どんなにちいさななつ化石かせき二人ふたりおも出蘇でよみがえらす
こころおおきな足跡あしあとつけてった いまでもこのれられそうだ

なみだがあふれた さみしさにおぼれて
ましたまちおとまぎれて気持きもちをかくしてる
言葉ことばにしないように あの唄歌うたうたってみる