「奇跡(EQ Version)」の歌詞 シュノーケル

2007/10/3 リリース
作詞
西村晋弥
作曲
西村晋弥
文字サイズ
よみがな
hidden
夕方丘ゆうがたおかのぼって 一番高いちばんたかいところにって ホントにしず夕日ゆうひ見送みおくって
きみにもみせたくなって 無我夢中むがむちゅうかぜって わず星見上ほしみあげたりして

偶然ぐうぜんばかりで物語ものがたり すこしでもくな綱渡つなわた
ぼくらは不純ふじゅん矛盾むじゅん両手りょうてにひたはし

きみげられるまえから ぼくってた 「奇跡きせきはある」って
時々見ときどきみえなくなるけど をつむってさ 深呼吸しんこきゅうでいける

あれから時間じかんって ぼくらは猫背ねこぜになって ひと視線気しせんきにしては気取きどって
われたことだけやって 結果けっかるのをって どうかしてる自分じぶん気付きづかずに

損得そんとくだけでははなし先走さきばしなにかとえばすぐによくばかり
せっかくらしたみちにまた雑草ざっそうそだ

きみってくれなければ ぼくってた 「奇跡起きせきおこそう!」って
ねがごとながぼしがあれば あとは モウソウ なんとかなるはずさ

不幸ふこうなんてがつきゃ とおぎてたよ
きたいとき わらってたほうかなしいや

自分じぶん気持きもちさえ素振そぶだれかの真似まねしてりゃまた空回からまわ
子供こどもころなら なんでも出来できちゃいそう あのかんじでしょう!

きみげられるまえから ぼくってた 「奇跡きせきはある」って
時々見ときどきみえなくなるときゃ メガネけてさ なにかにける
ためらってるひまはないよ こえさなきゃ 「ひとつになろう!」って
素敵すてき台詞ことばじゃなくても にしないでさ 未来みらいうず彷徨さまよつづけてく

朝方丘あさがたおかのぼって 一番高いちばんたかいところにって
いつもの奇跡きせきながめたっけ