1. ジオラマの花歌詞

「ジオラマの花」の歌詞 ジャパハリネット

2004/2/18 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
ちてたる日々ひびてに ちて世界せかいある
ポッカリあないた 風花舞かざはなまこと
なぜか春日向想はるひなたおもちたてにけるもの
こたえなどでるはずもない このいまがあるかぎ

どぎつい色彩しきさいのネオンのなか 一人ひとりたたずむ
つよがってはえなかった かすんでく かげ 一人辿ひとりたどった

このみちちるのは てないから けること おもうだろう
にがこと こわこと だからもう てるコト

夢半ゆめなかくだった きみなにをしたかった
かげ道繕みちつくろうように 青空仰あおぞらあおいだ
たる今日散きょうちはな そして明日あすへとつぼみ
みちならぬまぼろしに ジオラマのはな

いそわか日々ひび あの日死ひしんだとおもったこころ
ませば今日きょうがあって けばのぞみの みつめてた

陽炎かげろうがり 街並まちなみはかがやいた
うつるがままは たる

無色むしょくだったこころすみ ほんのりいろづけば
をとられあるゆめ次第しだいうごきだした

「またきっと いいコトあるよ」こころからおもえれば
よろこびとかなしみいた あのをとりあう

ときおもかぜとなりはな
気高けだかほこって 気高けだかったジオラマのはな