1. ベクトルが消えた夏<天国ミックス>歌詞

「ベクトルが消えた夏<天国ミックス>」の歌詞 ジャパハリネット

2007/12/5 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
いまからきみむかえにくって
なつ陽炎かげろう はずした
なにえず わってくのはいやだから
はしけた あの街道かいどう

平行線へいこうせん苛立いらだにぎった
わかっていたんだ せぬおも
ざすひかり あたりまえに道思みちおもった
遮光しゃこうのカーテン こじけて

よわいだろうよ もろいだろうよ
それでもそれでも きていくんだろ

あてのないみち僕等ぼくら 気付きづけばあるいてた
しずんだまち つきあかあわれてたときなか

あいがどうとか こいがどうとか
いついつまでも はなれたくない
それでもぼく自分勝手じぶんかって
それでもぼくわれなかった

あわいてた きみがいたなつ
あお結晶けっしょうきらめいていたんだ

あてのないみち僕等ぼくら 気付きづけばあるいてた
何処どこにもないさ何処どこにもなかった あわれてたときなか

いくつものおもいは 現実げんじつもれてく
なみだちた それでもすすまなければ

あてのないみち僕等ぼくら 気付きづけばあるいてた
未来みらいすべてこのなかえたおもいのなかにある

僕等ぼくらはみんな ねがもの
だからわすれて こともある
はしった まちにしょって
いまからきみいにくよ