1. 哀愁交差点歌詞

「哀愁交差点」の歌詞 ジャパハリネット

2004/1/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夕暮ゆうぐれがともころ 笑顔えがおはどこかせつなかった
きびしい大人おとな社会しゃかいでは いつものように無力むりょくだった

意味いみがあろうとなかろうと おもえるようにきたかった
かなしむ姿見すがたみようとも おれおれでありたかった

何時いつみても無様ぶざまねえよ おれ世間せけん無様ぶざま
無器用ぶきようなのかダラしないのか こころよわいのか 哀愁漂あいしゅうただようあのまち

いつのむねって 「かえってきたよ」 そういたくて
いつのころあるきだした ただひたすらみとめられたくて

哀愁あいしゅうなんてどこにもなかった まちいろ透明とうめいだった
オレンジいろ田舎いなか景色けしきは どこにも見当みあたらなかった

みぎひだりわからなくて とにかくまえはしった
いかわるいのかまえがどこかもわからなくとも それでもはしるしかなかった

いつのむねって 「かえってきたよ」そういたくて
いつのころあるきだした ただひたすらみとめられたくて

人間模様にんげんもよう 哀愁交差点あいしゅうこうさてん このなかおれはやれるか
おれおれつづけるか そしてゆめかなえるか