1. 栄華の花歌詞

「栄華の花」の歌詞 ジャパハリネット

2002/11/1 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
くすべをもとむ いわくときながれのなか
ゆえ理解りかいするわけもなく
くもくもひとそれぞれなれど

われともときながれととも
かぜゆだってくのです
われともときながれととも
はなやかにっては またあさはかにちて

かえされる ときながれのなか
かぜ無常むじょうかぜばかりれる

落日らくじつともちてもろくもくずれたこのざま
難攻不落なんこうふらく要塞ようさいさからえぬときおそろしさ
このとき末路まつろへと

かえされる ときながれのなか
かぜ無常むじょうかぜばかりれる

もう二度にど芽吹めぶくことはない いにしへのわれわすれれば
はかなくこのはなは とき末路まつろへといざなわれ
おそれのこころのまだおおいにしへのちかおも
でるべき大切たいせつ場所ばしょこと本質ほんしつはここに