「絶望の風」の歌詞 ジャパハリネット

2004/2/18 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
ひがしかう若者わかもの西にしへとくだかげみち
あふれた時代じだいいかけて 絶望ぜつぼうしてるひまはない

あふれた時代じだいまれてた なにをするでもそれほど
不自由ふじゆうなんてありゃしねぇ これは不幸ふこうしあわせか

がつけば どこかには なにかがあり
がつけば どことなく なにかたりない
あのものでも そのことでも ないようながする

さまざまにあふれてる 人情模様にんじょうもよう
このるべき姿すがた それなのに僕達ぼくたち
ひとしんじてひと裏切うらぎられても ひとたすけられている
それが僕達ぼくたちちからとなる

何処吹どこふかぜかれてく それは希望きぼう絶望ぜつぼう
あふれた時代じだい真只中まっただなか うわつらならよくえる

希望きぼうあふれているのなら のぞみがえることもある
きる過剩かじょう欲望よくぼうゆがんだかたちあらわれる

希望きぼうくした 少年しょうねん
かなしみ いだ少女しょうじょ
こころなかものにはまらない 隙間すきまができている

さまざまにあふれてる 人情模様にんじょうもよう
このるべき姿すがた それなのに僕達ぼくたち
ひとしんじてひと裏切うらぎられも ひとたすけられている
そして僕達ぼくたち希望きぼうかぜ