「蒼が濁ったナイフ」の歌詞 ジャパハリネット

2006/6/28 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
うすっぺらな僕達ぼくたちゆめみてたこと
ただなんとなくしあわせに なりたいとおもったり

なにかをするわけでもなく ただふらふらと
ただなんとなく大人おとなになるのだけは きらっていた

あのいかけたり このいかけたり
となりのあいつらは 都会とかいくんだって

それでも毎日まいにちが バカみたいにたのしくって
そんながいつまでも つづかないっていたよ

はしあおにごったナイフ
むねぼくまちをでた
はし電車でんしゃなか
ぼくぼくまちめてた

一歩いっぽみだしたぼくせないままのきみ
ただなんとなくぎて日々ひびちがってた

にがめしらうぼくあまめしもらきみ
すこしづつすこしづつ すべてがちがってきた

はしあおにごったナイフ
むねきみもそうくんだろ
はしむねめるおもいと
ともけあの日語ひかたった おもいと

にごったナイフが むね中刺なかささるか
はしあおにごりきるまえ
あの日語ひかたったおもいがまだ えぬうち

ゆめいかけ はしころんだら
いつでも かえってこいよ
いついつのわらえるように
いつのわらえるため