「蹴り上げた坂道」の歌詞 ジャパハリネット

2004/2/18 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
プラットホームすみっこで おまえ一人ひとりいていた
だれにも気付きづかれないように だれにもつからないように

ながれたなみだなんなのか だまだました自分じぶんなのか
ひときずつけたつみなのか かなしみ背負せおったばつなのか

いまむかしもこれでいいかと めてるのに 色褪いろあせていく
日々ひびまたつよきてこうと 何度思なんどおもえば むのだろう

二度にどはしれぬみちを タダくのがいやだった
ころんだ坂道蹴さかみちけげて 後悔こうかいばかりのみち

「おまえ本当ほんとうにダメだった なにわからないフリしてた」

「やがておとずれる失敗しっぱいに おまえいまさら気付きづいてた」

いつもそうさ いつでもそうさ しんじてくれたひと裏切うらぎ
かなしさ背負せおうつわもなくて どうせどこかへげてくんだろう

二度にどはしれぬみちを タダくのがいやだった
ころんだ坂道蹴さかみちけげて 後悔こうかいばかりのみち

二度にどはしれぬみちだから タダくのはいやだろう
ころんだ坂道蹴さかみちけげて もう一度いちどあの道翔みちかけて