「遙かなる日々」の歌詞 ジャパハリネット

2005/4/20 リリース
作詞
鹿島公行
作曲
鹿島公行
文字サイズ
よみがな
hidden
ひがしそらあかはじめるころ このスピードの中溢なかあふうごはじめた
なにかをさがして

なんにもなかった なにひとつなにもできないでいた
それでもきたかった それでもゆめみたい
それでも だれかにあいされていたかった

なにかをはらいたくて なさけなくてきたくなったから
ゆめみた自分じぶんさがした わからないあのころ
いくつものおもたち

嗚呼ああこんなにも 嗚呼ああこんなにも
素晴すばらしい日々ひびなか
戸惑とまどったあとのささくれたちいまもまだこのむねにある

すべての少年しょうねん
そしてその言葉ことばつづけるもの
るがままをめるなら
歯向はむかえ
あのときこころのまま
大人おとなみち

ひかりなか僕達ぼくたちいまなにかをかか
まぶしくらす落陽らくようは なにもできないでいた
あのころ少年しょうねん

嗚呼ああこんなにも 嗚呼ああこんなにも
素晴すばらしい日々ひびなか
戸惑とまどったあとのささくれたちいまもまだこのむねにある

嗚呼ああこんなにも 嗚呼ああこんなにも
きたい鼓動こどうって
想像そうぞうできる未来みらいあいするべきものがあって

嗚呼ああこんなにも 嗚呼ああこんなにも
素晴すばらしい日々ひびなか
戸惑とまどいながら なみだけば

あふれだしたおもいがあった