「KAZENINARE」の歌詞 ジルバ

2009/4/8 リリース
作詞
ジルバ
作曲
ジルバ
文字サイズ
よみがな
hidden
時速じそく200kmをえたらかぜになる」
そうしんじるおまえ横目よこめゆめのないやつらがものかた
セナがわらうライトがあきれる
ベインベインベインジャペイン!
文字もじられるはくに
感情表現無かんじょうひょうげんなくしちまったら末無機質日本すえむきしつにっぽん
かんじないいたくないかんじないいたくない
きばきば
喜怒哀楽きどあいらくうしなうな
無意識むいしき同化どうかすること
それ自体じたいバカらしいぜ

WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
蹴散けちらせ!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
つらぬけ!

チャラチャラしたイミテーションのような
うわつらだけの空気くうき
意志いしたないクラゲがかぶ
これがはな都大都市東京みやこだいとしとうきょう
温暖熱帯低気圧おんだんねったいていきあつライクアニッポン
やっぱりぴったり
昨今台風さっこんたいふうすらない
きばきば
喜怒哀楽きどあいらくうしなうな
無意識むいしき同化どうかする事自体ことじたい
バカらしいぜ

WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
蹴散けちらせ!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
つらぬけ!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
こぶしを!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
つらぬけ!

ゆめかたれない化石かせきのような大人おとなばかりだから、
ゆめは、もはやイコール睡眠すいみん現代げんだいになっちまった。
てには、あつさけびをとなえるロックは時代錯誤じだいさくごだとさ。
異端児いたんじ言葉ことばすら異端いたんなかになっちまった。
変化へんかもと本質ほんしつ見失みうしなった限界げんかい
ならば、ロックをかかげるものとして普遍ふへんつよさ、
つらぬくってのをせてやろうじゃないか。
たたかれるのにはれてるからよ…

WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
蹴散けちらせ!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
つらぬけ!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
こぶしを!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
WARNING! BURNING!
つらぬけ!

WARNING!!!!!!!!