1. メイ歌詞

「メイ」の歌詞 ジン

2007/2/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
百億光年ひゃくおくこうねんひかりなかでは
かえ交互こうごかく
哲学者達てつがくしゃたちこたえをつけたがる、
"なにかは何処どこかでまれたはずだ"。

あぁ。ひろがる大地だいちよ、うみよ、大樹だいじゅよ、ひかり
めぐりゆくひとかぜよ、け。

空飛そらとぶことも 時残ときのこすことも『ゆるされた』。
最初さいしょからゆるされているのに
たみさけつづけている、
罪深つみぶかわれら、ゆるしたまえよ」。

何万年なんまんねんまえからひとひと歴史れきしつ。
いつのにか知恵ちえたかそらくも
オゾンをけ、つきえて…

いのささぐその姿すがた うれいを そのふかしずめて
こたこたえをてんにたずねては
かたらない ひろそらをうばわれるまま。

何故なぜなにわないのですか
みちしめして―
何故なぜ、そんなにうつくしいのですか
何故なぜ何故なぜ…?
こたえを見失みうしなさききよきよとこのく、
いた、いた。―いた。

すべてをしめみちいま広大こうだい大地だいちつづいている。
見渡みわたせば、どこまでもゆける。

やまにたずねて うみおしえられて
ちいさなたけうたうたう。

われひと われまよいの
われひらみちあおく、あおく、
ふかいきをして。

いきをして。