「四季彩彩」の歌詞 ジン

2006/8/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一重二重ひとえふたえ かさ手合てあわせ、
ポタリ しずく ながれ。
いきづくいのちに、わせ、
さざめくしろみちとおて。

ねむりから目覚めざ
たかみにのぼ
若樹わかぎそら
いのりに芽吹めぶいた四季彩彩しきさいさい
このでてはかぜく。

わりえたからかえ
茶色ちゃしきゆめ黒土くろつちもる。
つめさけび、きばさらされ
れゆく葉々はばもり、つつむように。

ゆめひた
はるがれて
ねむ日々ひびなが
つめえたかぜさえかぜになり
目覚めざめたそのはるがある。

いま つたえよう。かたこう。
すべてのめぐみにかされて…
まない大地だいちまれたわれ
永遠無とわないのちに、四季彩彩しきさいさい