「ふたりのかげ」の歌詞 スガシカオ

1999/9/8 リリース
作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ
文字サイズ
よみがな
hidden
街灯がいとうがうつしだした ふたりのかげはゆっくりと
きみいえのほうへ のびて ほどなくえた

明日あしたには いいことが ふたりにあるかなぁ

時々ときどき すべてはこわれかけて きみ言葉ことばをなくしてしまう
ぼくではなみだを うまくぬぐえない
かえりのみち かげはひとつだけ

最終さいしゅう地下鉄ちかてつだれかの事故じこんでいて
人波ひとなみにおされて ぼんやり時計とけいをみていた

明日あしたまで あとすこし なにかがかわるかなぁ

ぼくらが まれてえるあいだ どれだけひとすくえるだろう
よごれたマドにはなにもうつらない
きみはもうねむってしまったんだろうか

明日あしたには いいことが たくさん あるかなぁ

十字路じゅうじろがるまでふりつづけた そのきみにみえただろうか
しんじるだけでは なにもかわらない
そうして今日きょうはすぎていくんだ