1. 夕立ち歌詞

「夕立ち」の歌詞 ブギーポップは笑わない OP スガシカオ

1999/9/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
その 午後ごごから日暮ひぐれにかけて
かるい夕立ゆうだちがとおぎた
そして ぼくらはうみちか
ぬれたアスファルトをはしった

つぶれた うすぐらい倉庫そうこのかげで
しばらく そら見上みあげてあめをしのいだ

ふいに きみがくちずさむ ぼくはきいてる
ききおぼえのないメロディー
もう えてしまうくらい ちいさなこえ
やがて 途切とぎれてしまう

かえ都内とないかうみち
ひどい渋滞じゅうたいつづいた
二人ふたりでどんなことをはなしたかは
おそらくきみおぼえてないだろう

ラジオで らないひとかなしいニュースと
だれかの つまらないバラードがながれた

ふいにきみがくちずさむ ぼくのらないうた
たよりなくながれていく
いつも はなしかけようとして 言葉ことばさがすと
それは途切とぎれてしまう

ふいに きみがくちずさむ ぼくはきいている
メロディーは おぼえていない
そうして うしなってしまうもの まもりきれるもの
ほんのすこしのちがい…

ふいに きみがくちずさむ ぼくはきいてる
ききおぼえのないメロディー
もう えてしまうくらい ちいさなこえ
やがて 途切とぎれてしまう