「真夜中の貨物列車」の歌詞 スガシカオ

2006/6/21 リリース
作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなかはしりぬけます
やみなかをただゆくのです
ふたつのレールは どこへつづ
ぼくは真夜中まよなか貨物列車かもつれっしゃ

だれかにづかれないように
あかりもつけずにゆくのです
明日あしたあさまではしつづけて
一体いったいどんなまちくんだろう?

ねぇ 笑顔えがおあふれてるまちならいいな 昨日きのうより
ぼくのまれたとこより
みどりあふれてるまちだといいな 家族かぞくこえ
公園こうえんかぜにゆれているんだ

なにはこんでいるのでしょう?
本当ほんとうはぼくもらない
ただはしるだけ だれかがってる
ずいぶんと大事だいじものらしい

まちけていくそのとき
トイレにきた子供こども
られそうになったら いきころして
づかれないように サヨウナラ

ねぇ そらかなしみのないまちがいいな ただひとつも
想像そうぞうして今日きょうはしるよ
ほしにくしみのないまちがいいな どこからか
やさしいうたながれてほしい