1. 黄金の月歌詞

「黄金の月」の歌詞 スガシカオ

2007/1/24 リリース
作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくの情熱じょうねつはいまや ながしたはずのなみだより
つめたくなってしまった
どんなひとよりもうまく 自分じぶんのことをいつわれる
ちからってしまった

大事だいじ言葉ことば何度なんどおうとして
すいこむいきは ムネの途中とちゅうでつかえた
どんな言葉ことばきみつたえればいい
こえは いつも途中とちゅう途切とぎれた

らないあいだにぼくらは 真夏まなつ午後ごごとおりすぎ
やみ背負せおってしまった
そのうすかりのなかで さぐりだけで
なにもかも うまくやろうとしてきた

きみねがいと ぼくのウソをあわせて
6月ろくがつよる 永遠えいえんをちかうキスをしよう
そして夜空よぞら黄金おうごんつきをえがこう
ぼくにできるだけの ひかりをあつめて
ひかりをあつめて…

ぼくの未来みらいひかりなどなくても
だれかがぼくのことを どこかでわらっていても
きみのあしたが みにくくゆがんでも
ぼくらが二度にど純粋じゅんすいれられなくても

夜空よぞらひか黄金おうごんつきなどなくても