「さいごのひ」の歌詞 スキマスイッチ

2011/1/26 リリース
作詞
スキマスイッチ
作曲
スキマスイッチ
文字サイズ
よみがな
hidden
れる れている かよわえている
めぐめぐっている ぼくくモノ

先週末せんしゅうまつかららない電話でんわ ぬし一人減ひとりへったテーブル
つけっぱなしのテレビはまた 子供こども犠牲ぎせいになったという

あぁ なぜ ぼくきみ出会であったの?
このまれたときには 名前なまえすらなかったのに
きみこえ いつしか口癖くちぐせになっていた
れていく夕闇ゆうやみあいかげ躊躇ちゅうちょなくしていく

つかめる つかめない 愛情あいじょう実体かたち
だけどどうにもわすれられない やすらぎとぬくもり

ひといのちはかなくて それ以上いじょうこころなんてもろ
だからこそぼくらはきっと 希望きぼうにしがみついてきている

今日きょう昨日きのうより きみおもったよ
言葉ことばはありきたりでも めたねがいは たし
くらがりの中浮なかうかべた いたみと 記憶きおく
うつくしくいろをつけながら おもにすりかわる

カーペットのうえ よこになってをつむり
それでもばして あのあたたかいひかりにまだれようとする
さいごのひがえるときひと
いったい何色なんしょく世界せかいだれおもうの?

どうしてぼくには、きみしかいないんだろう

あぁ なぜ ぼくらはこうして出会であったの?
このわってくときには きみびかけてしいのに
明日あす今日きょうより昨日きのうより きみおもうよ
らすものは何一なにひとくたって きっと ずっと きみだけをさがしている