「ふれて未来を」の歌詞 スキマスイッチ

2004/6/16 リリース
作詞
大橋卓弥,常田真太郎
作曲
大橋卓弥,常田真太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ながされはしないからなんて はじめからばし気味ぎみ?
にしなきゃこわいものなんて むこうから それていく

うえにあるのはいつものそらだけ とくなにわらないんだけど
ただ一人ひとり野郎やろう ひいきは いらない そう

にしたあとにスルリげぬよう つね監視かんししてたい気分きぶんだよ
なくさないようにむねちかう でも、大事だいじなのは そうきみ

れていたいよ これをわすれてはいけないのだ!
ふれてみたいよ それは まだはやい? そのまえにやることがヤマ

ひとこいわるんだ ぼくがそのなか一人ひとり
きみちいさくうなずいて まくがるストーリー

テンポよく リズムはあるくようにひとひとつをかみしめながら
きみぼくいえったりたり、 そう

しあわせかい? とくのはあまりにも野暮やぼなことだとわかっているけど
たしかめたときはおこらないで ねえ、きみとは どんなときも

わらいあってたいよ これもおろそかにしては ノーだ
はなしてたいよ おな時間じかんごすならなおさら そうだ

れていたいよ これをわすれてはいけないのだ!!
ふれてみたいよ それは まだはやい?いいじゃない!

すべてに期待きたいをかけるのはさすがにおもいけど
2人ふたり未来みらいを」 これくらいがちょうどいい
まだきみを さて、 さがしにこう!