「アカツキの詩」の歌詞 スキマスイッチ

2006/11/22 リリース
作詞
スキマスイッチ
作曲
スキマスイッチ
文字サイズ
よみがな
hidden
もう ずいぶんったなぁ こんな時間じかん
現実感げんじつかんもない 寝不足ねぶそくになったような かんじで
天井てんじょうつめながら きみ温度おんどおもしていた

おおくを しがったら らぐ バランス
くずしたこうには ぼくらのがらやみ
本当ほんとうちていったなぁ がるのも イヤになるよな

大切たいせつにしたくて 言葉ことばしばって がんじがらめ
からまったなかには きみかげ見当みあたらない

まもろうとした のひらで にぎりつぶしてしまうよ
ただ きみがいればいいのに こらえれず こぼしていた
よるすことおくなっていた

いつだって 茶化ちゃかしては
からかいあっていた はずなのに いつのにか
冗談じょうだんこえなくなって 気付きづけば きみしていた

散々迷さんざんまよってさ きみえらんだ
サボテンだって そう、簡単かんたんに ダメにしてしまったなぁ
愛情あいじょうそそいでいれば はなくと しんじこんでいた

おもえばそうだ ぼく鏡越かがみごしの自分じぶんていた
きみていたのは まぎれもなく ぼく だったのに

んだ 月明つきあかりは ぼくまええていくよ
ぎこちなくてもいいから そっと きしめられたなら
よるが ひっそり すわんでいた

まもろうとした のひらで にぎりつぶしてしまうよ
ただ きみさえいればいいのに こらえれず こぼしていた
よるすこし、うごしていた