1. 晴ときどき曇歌詞

「晴ときどき曇」の歌詞 スキマスイッチ

2011/9/14 リリース
作詞
大橋卓弥,常田真太郎
作曲
大橋卓弥,常田真太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
「いい天気てんきだね」
きみうから「本当ほんとうだね」とこたえる
今日きょうそらのこと話題わだいにしたならこころがふっとちかくなる

歩道ほどうある所々ところどころみずたまりが邪魔じゃまする
きみつないでえてみる 太陽たいようひかり

つぎ季節きせつかおはじめる
その変化へんかあらがうように
"あつかった日々ひびわすれないで"と最後さいごちから しぼってらす

そら見上みあげるたびそっと いろ模様もよううつりわって
それはもうぼくらの毎日まいにちのようだね
かえさないからもっと このこのときこの瞬間しゅんかん
おもがらずにきざみつけていたいよ


宇宙うちゅうまですぐとどたかさでおよいでいるさかなたち
そういえば昨日きのう鈍色じゅんいろそら どこにもぐっていたんだろう?

はげしいあめにもえぬいた
へっちゃらなかおつたえている
やりきれないとすことですくわれるくらいなら そんな未来みらい必要いらない

今日きょうだれかがそらした いてわらってくやしがって
こいしたりんだりしてらしている
たされないなにかがあってられるよろこびがあるとおも
すくなくとも、いまぼくはそうだよ

きみぼくほうかえって その思草しぐさがたまらなくて
しあわせはいつもそうやってそばにいる
うつわっていくそらした ぼくらいつまでもこの瞬間しゅんかん
きしめながら ふたりあるいていこう