「蝶々ノコナ」の歌詞 スキマスイッチ

2014/12/3 リリース
作詞
SukimaSwitch
作曲
SukimaSwitch
文字サイズ
よみがな
hidden
きみていった部屋へやには かすかにかおりがのこっている
グラスについたあかあとぼく価値観かちかんこわしていく

かんがすとキリがないから 疑問符ぎもんふけないことにした
きみ特別とくべつであるために 出来できることはなんだろう

仕方しかたないでしょ かっていても 蝶々ちょうちょうこなにハマってく oh
あいわなだってわれても 魅惑みわくあじおぼえたら
ばしてしまう ちたぼくとりこ

きみがいなくなったなら ぼくこと出来できない
やさしくからむその指先ゆびさきぼく本質ほんしつくるわせる

人並ひとなみのしあわせなんかより このおさめたいモノがある
それを夢物語ゆめものがたりうなら かなえてみせましょう

馬鹿ばかげてるでしょ? わらっておくれよ 路頭ろとうまよったひつじを oh
おぼれるなよってわれても 果実かじつ一度いちどかじったら
血液けつえきけて きみふかもぐ

おもいのたけくちしたら どんなかおして きみこたえてくれるかな oh
どうにかしてぼくがそのおりから すくしてあげたいんだよ
きみのぞむなら全部ぜんぶささげましょう

あいしいなら ザクロをひとつくれないかい? oh
ぼくしぼってあげるよ 口移くちうつしでがれ
した瞬間しゅんかんきみもきっとぼくとイコール