「少年」の歌詞 スターダスト・レビュー

1993/3/10 リリース
作詞
山田ひろし
作曲
根本要
文字サイズ
よみがな
hidden
朝焼あさやけに ひとみをこらして
少年しょうねんかぜかれてた

くすぶるむねんで
みえない明日あすあるはじめた

なにひとつ たよるものもなく
ただひとつ ゆめだけがあった

あたらしいまち つめたい笑顔えがお
きずつくたびに うそおぼえた

あふれる人波ひとなみふるえながら
なくせないゆめだけ
きしめてた

はしつづけ たどりけば
なにもかもが
そのにつかめるはずだと
まよいもなく しんじていた
どんなとお場所ばしょでも
かならけると

ありふれた 夕暮ゆうぐれのまち
少年しょうねん少女しょうじょ出会であった

あいすることを おぼえるうちに
夢見ゆめみることを わすれていった

こぼれちるようときなが
つないだ指先ゆびさき
ほどけてゆく

むねなかばられるほど
さけんでいる
あの少年しょうねんおれ
わすれるなと こわれるなと
をはらして こころ
たたきつづけてる

むねなか散切ちぎれるほど
さけんでいる
あの少年しょうねんおれが…