1. 灰色の街歌詞

「灰色の街」の歌詞 スターダスト・レビュー

1991/7/17 リリース
作詞
根本要,林紀勝
作曲
根本要
文字サイズ
よみがな
hidden
あせににじんだ部屋へや まどうつ摩天楼まてんろう
あざわらうよな くずれちたゆめ
すきまかぜにゆれてる

うすよごれたくつゆかぎすてては
吐息といきまじりに サビついたおも
よみがえらせている

ひざをかかえたまま
夜明よあけをつだけの日々ひび
さびしさにいつめられてく
こんなはずじゃなかった

をさませ 闇夜やみよから
げるんだ 明日あすへと
わすれかけたひかり かがやかすまで

うずひとごみをみこんだ都会とかい
ねむることなくてたこころ
らぬまにこおらせる

ちかったあいほおつたうなみだ
姿すがたえる
やせたくちびるには
微笑ほほえみもかばない

からみついたときくさり
未来みらいをかくす
理由りゆうもなくいらだちのなか
ためいきをくりかえ

をさませ 闇夜やみよから
げるんだ 明日あすへと
わすれかけたひかり かがやかすまで

をさませ 闇夜やみよから
はし明日あすへと
わすれかけたひかり かがやかすまで

夜明よあまえ ふと見上みあげたそら
える朝焼あさや
てついたこころ かすよな
やさしさにつつまれる

をさませ 闇夜やみよから
げるんだ 明日あすへと
わすれかけたひかり かがやかすまで