「言えなかった言葉」の歌詞 スターダスト・レビュー

2006/4/19 リリース
作詞
林紀勝
作曲
根本要
文字サイズ
よみがな
hidden
ラッシュの街角まちかど おれつめるおまえがいた
なつかしいおもいと うしろめたさがこみあげるよ
元気げんきそうね」はずんだ おまえのこえこえてきた
かくせない戸惑とまどつくわらいでうなずくだけ

うつむいてばかりいたおまえの かげりのないんだひとみ
つらいおもいさせたおれを うらんでいいのに

ながったときがおまえを どんなかぜえたの
おもだけひきずってる おれはあのころのままだよ

なにひとつ ほこれず きずつけてばかりいた日々ひび
やるせなく このむねに あざやかなほどよみがえるよ

ふとおもしたお伽話とぎばなしし それは「太陽たいよう北風きたかぜ
まぶしすぎるそのほほみ やさしさがいた

かずにきていける おまえは自分じぶんえた
わかぎたとやむだけの われないおれ
ながったときがおまえに なみだわすれさせた
おもだけひきずってる おれはあのころのままだよ

「しあわせ?」と いかけ いそびれてかくした言葉ことば
元気げんきだよ おれはまだ 相変あいかわらずゆめをみてるよ」

街角まちかどあめした
むねなかでつぶやく「さよなら」