「さよならの季節」の歌詞 ステレオポニー

2012/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
しわくちゃのシャツ
すこよごれている

グラウンドから
こえこえてきたけれど

あなたはずっと
なみだこらえているの?

わかってるから
もう友達ともだちのほうへって

卒業そつぎょうまでは
きっとかけるのにね?

っていたころ
もどれることはないけど

さよならあきかぜ
うつむくだけのふたり

たがいのみちをゆくって
めたから

さよならやさしくて
こんなに大切たいせつなひと

邪魔じゃまはできないとおもった
もうかなくちゃね

たまにおうよと
うそにくやしくなる

たぶんえないあなたに
づいているから

卒業そつぎょうまでに
自分じぶんなりのかた

つけなくちゃね
わすれることはないから

さよならあきかぜ
つめたい季節きせつになる

まちがざわめきはじめる
それなのに

さよならやさしくて
こんなにそばにいて

なに出来できないままだよ

おも全部ぜんぶ 笑顔えがお
きだった時間じかんごと

かならず いつか ひとりくるしくなるのに

さよならあきかぜ
うつむくだけのふたり

はるてないままそっと
ある

並木道なみきみち
かない