「小さな魔法」の歌詞 テガミバチREVERSE OP ステレオポニー

2010/12/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
このまちをつつむかぜ
どこかすこつめたくって
ぼくはいつもひとりだった
それでいいとおもってたんだ

あのキミと出会であってから
世界せかいいろえていった
季節きせつはまたぎてくけど
いろあせることはないよ

とおいキミへととどけたくて

だから

つたえたいコトバあつ
ちいさな魔法まほうをかけて
さあ キミのもとへとおく
ぬくもりさめないように
一緒いっしょめたら
おもいはカタチになるんだ

かえしていく毎日まいにち
ふと気付きづけばキミのことが
すこしずつふくらんでく
ぼくのココロうめてくんだ

まちあかえたころ
ぼくのココロ キミがとも
ねむりにつくすこまえ
ぼくはキミへおもいをつづ

とおいキミへとおくりたくて

だから

どんなにはなれてても
っててくれるキミが
いま ぼく必要ひつようなんだ
たくさんのコトバたち
このウタにんで
キミへととどけにいくよ

二人ふたりはこのそらでいつも
つながっている
そうおもえば つよくなれる
やさしい気持きもちになる

つたえたいコトバあつ
ちいさな魔法まほうをかけて
さあ キミのもとへとおく
世界中せかいじゅうでキミだけに
うたいたいウタがある
おもいがつたわるように。。。

魔法まほうをかけて