「Cupido」の歌詞 ステレオポニー

2009/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
窓越まどごしにえるうみ ひろがるそら
トンネルけて かんじる潮風しおかぜ 心地ここちよくて
夏休なつやす最後さいご週末しゅうまつ みんなできたら
きっとさそえる きみ一緒いっしょごすなつ
3歩先さんぽさきあるきみのビーチバックのストラップを
ギュッとつかんではなしかける

カキごおりまわしてべながらわらってた
へんいろになった舌見したみせあって
きみのストローのさきくちれたがした
って でもそらして
でもやっぱりきみつめてたいよ

ときまではなれてた
いつのまにか二人ふたり距離きょり
ちぢまってきてれそうで

かえみちさき
しず夕日ゆうひてた
つぎかどでバイバイなんて
イヤだよ もっとこうしてたいよ

何千なんぜんほしたち
二人ふたりをそっとらす
こげた花火はなびかおり いとしくて
見上みあげたらおおきなはな夜空よぞらにサク
はかなく火花追ひばなおって
そのままきみ横顔よこがおみていた

ねが神様かみさま! ずっとずっと
このままでいさせて
まだまだこのなつ
われないから
やさしくにぎった
もうはなれることはないよ
耳元みみもとでささやいた言葉ことば
そらえ…

あぁひとすじのかぜ
つぎ季節運きせつはこ
大切たいせつなものむねのこして
きみ出会であえたことが
いまぼくつくってる
あのなつかぜひかり
においも全部ぜんぶ
いまもずっときてる