1. ヒバリのこころ歌詞

「ヒバリのこころ」の歌詞 スピッツ

1991/3/25 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくきみ出会であったのは
ふゆわりのことだった
つもった角砂糖かくざとうけだしてた
しろひかりったまま
レンゲばたけっていた
をつぶるだけでとおくへけたらいいのに

ぼくらこれからつよきていこう
はばかべがいくつあっても
両手りょうてでしっかりきみきしめたい
なみだがこぼれそうさ
ヒバリのこころ

いろんなことがあったけど
みんなもとにもどっていく
ここにいれば大丈夫だいじょうぶだとしんじてた
水槽すいそう熱帯魚ねったいぎょから
はなれられなくなっていた
ぼくぼくでいられないようながしてたのに

とおくでないてる ぼくらにはこえる
魔力まりょくかおりがする緑色みどりいろのうたごえ
かおじゅういっぱいぼく微笑ほほえんでよ
かぜばされるまでまぐれなちょう
ぼくらこれからつよきていこう
なみだがこぼれそうさ
ヒバリのこころ