「夕焼け」の歌詞 スピッツ

2007/8/1 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
言葉ことばでハッキリえないかん具体的ぐたいてき
き」では表現ひょうげんしきれない あふれるほど
たとえば夕焼ゆうやけみたいな サカリの野良猫のらねこみたいな
わけわからんでわらってくれてもいいけど

きみのそばにいたい このままずっと
ねがうのはそれだけ むずかしいかな
わりはめてない よごれてもいい
つつみこまれていく かなしいほどにキレイな夕焼ゆうや

いろいろちがいはあるけどそれも いところ
予想よそうはんする出来事できごと ちかまえて
小馬鹿こばかにされちゃうときも マズくなっちゃうときも
どこからかあたたかいひかりしてた

きみのそばにいたい おもっていたい
ほかにはなにもない まれてきたよ
とおくからちかづいてる 季節きせつかげ
わすれさせてくれる かなしいほどにキレイな夕焼ゆうや

きみのそばにいたい このままずっと
ねがうのはそれだけ むずかしいかな
わりはめてない よごれてもいい
つつみこまれていく かなしいほどにキレイな夕焼ゆうや