1. 夜を駆ける歌詞

「夜を駆ける」の歌詞 スピッツ

2002/9/11 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
がないつよがり うそりかためた部屋へや
して見上みあげた夜空よぞら
よじれた金網かなあみを いつものようにえて
かた舗道ほどうけていく

てないぼくらは ほそいとつながっている
よくあるあかいやつじゃなく
った場所ばしょおおきなざわめき やんで
二人ふたり呼吸こきゅうおとだけがみていく

きみあそだれもいない市街地しがいち
うたびわら
よるけていく いまたないで
とおくのあかりのほうけていく

かべ落書らくがき いつしかまった時計とけい
永遠えいえん自由じゆうあたえる
ころがった背中せなか つめたいコンクリートのかん
あまくてにがいベロのさき もう一度いちど

でたらめにいた バラいろ想像図そうぞうず
西にし稲妻いなづま ひか
よるけていく いまたないで
ほろびのさだやぶって けていく

きみあそだれもいない市街地しがいち
うたびわら
よるけていく いまたないで
とおくのあかりのほうけていく