「群青」の歌詞 スピッツ

2007/8/1 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
かたれるほどのゆめとか ちいさくなったほこりさえ
くしてしまうとこだった きみはなぜだろう あたたかい
やさしかったとき心取こころともどうそつきとばれていいから
とりいかけて 裸足はだしあおまっていくよ

どれほどとおいのからんけど いますぐうみたいのだ
明日あしたとか未来みらいのことを きになりたいなすこしでも
こだまするように その名前なまえさけぶ ころんでがるおろかな
ぼくはここにいる すでにもう奇跡きせき はないているよ

なみしよせる わることもなく でもげたりしないとわらえる
ぼくはここにいる それだけで奇跡きせき しぶきをかんじてる
やさしかったとき心取こころともどうそつきとばれていいから
とりいかけて 裸足はだしあおまっていくよ