「若葉」の歌詞 スピッツ

2008/11/5 リリース
作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしいひかりらされながら あたりまえのようにあるいてた
とびらこう らしても ふかきりなにえなかった

ずっとつづくんだと おもんでいたけど
ゆびのすきから こぼれていった

おもせる いろんなこと
花咲はなさほこころきみ笑顔えがおれた まちそら
すずしいかぜ とり歌声うたごえ ならんでかんじていた
つなぐいとほそさに づかぬままで

わすれたことも わすれるほどの 無邪気むじゃきでにぎやかなときなか
いつもとちがう マジメなきみの 「こわい」ってつぶやきがわかんなかった

あたためるための やさないように
大事だいじものまで やすところだった

おもせる いろんなこと
花咲はなさほこころ可愛かわいはなしばかり ころがってた
裸足はだしになって かけいたみ それさえも心地良ここちよ
一人ひとりよがりの意味いみらないフリして

おもせる すみずみまで
若葉わかばしげころ予測よそくできないあめに とまどってた
きたいほど なつかしいけど ひとまずカギをかけて
すこしでもちかづくよ バカげたゆめ
今君いまきみらないみちあるはじめる