「鈴虫を飼う」の歌詞 スピッツ

1991/11/25 リリース
作詞
草野 正宗
作曲
三輪 徹也
文字サイズ
よみがな
hidden
天使てんしから10個預じゅっこあずかって
ちいさなハネちょっとひろがって
ひざかかえながら いろのないまどをながめつつ
もう一度会いちどあいたいな あのときのままの真面目顔まじめがお

鈴虫すずむしよる ゆめうつつの部屋へや
鈴虫すずむしよる 一人ひとりきりゆめうつつの部屋へや

まえうしろまえ ころがった
なぜだろうまだになった
えするえきよごれた便器べんきこしかがめ
そいつがうように つけたあなからして

鈴虫すずむしよる ゆめうつつの部屋へや
鈴虫すずむしよる 一人ひとりきりゆめうつつの部屋へや

あぶらくろずんだ 舗道ほどうに へばりついたガムのように
らされていく日々ひびにだらしなくわらおれもいて

鈴虫すずむしよる ゆめうつつの部屋へや
鈴虫すずむしよる のどぼとけれて
鈴虫すずむしよる ゆめうつつの部屋へや
鈴虫すずむしよる 一人ひとりきりゆめうつつの部屋へや