1. ハレーション歌詞

「ハレーション」の歌詞 セレクション8(SKE48)

2012/5/16 リリース
作詞
秋元康
作曲
森脇正敏
文字サイズ
よみがな
hidden
街角まちかど偶然ぐうぜん きみかけたよ
ぼくらないきみだった
何人なんにんおとこたちれて
こえててわらった

ぼくまえでは大人おとなしいコなのに
まるでちが野良猫のらねこみたいな眼差まなざ

このいとしさがハレーション
こころがちょっとえにくい
そう イメージがぶくらい
まぶしいきみにお手上てあげさ
本当ほんとうは(どっち?)
むしころさないのか?(ころせないのか?)
意外いがいな(きみを)
すべてあいしたくなる

たばねてた髪留かみどめ ふいにはずしたら
もっとクールなかおだった
建前たてまえねこかぶっていたんだね
きみとおくにえる

あい角度かくどでかたちがわるんだ
あれもこれもたしかにきみだろうとおも

いま すれちがうハレーション
記憶きおく現実げんじつ かさなって
ねえ 一瞬いっしゅんかがやきに
いきなりひとみ うばわれた
間違まちがいは(える?)
なにらないぼくさ(まわされる)
しろい(未来みらい
なにのぞきたくなる

街角まちかど偶然ぐうぜん このいとしさがハレーション
こころがちょっとえにくい
そう イメージがぶくらい
まぶしいきみにお手上てあげさ
本当ほんとうは(どっち?)
むしころさないのか?(ころせないのか?)
意外いがいな(きみを)
すべてあいしたくなる