1. 寡黙な月歌詞

「寡黙な月」の歌詞 セレクション8(SKE48)

2012/1/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたにちょっとおくれて ついて
いつだってこんなかんじでちかくにいさせて
となりならんであるけなくてもかまわない
時々ときどきいててね

おんなあつかかた
まったく わかっていないひと
どうしてそんなに早足はやあし
あるくのかな
商店街しょうてんがい 人混ひとごみのなか
見失みうしないそうになったけど
がりかどのタバコまえ
ってくれてた

あいかたつづける太陽たいよう
かげったとき不安ふあんになるもの
明日あしたるのに…
それよりなにかたろうとしない
寡黙かもくつきのあのやさしさにいやされたい

あなたの背中信せなかしんじて ついて
わたしには地図ちずはいらないし どこへでもくよ
そう だからつないだりしないけど
さりげなく 見守みまもってくれてる

歩幅ほはばせまいそのぶんだけ
わたし必死ひっしあるいてる
ながれるあせとかはずいき
づいたの
見失みうしないたくないとおも
そのT シャツが まぶしいすぎる
それをひと甲斐がいって
ぶのだろう

つよ意志いしってる太陽たいよう
自信過剰じしんかじょう共感きょうかんできない
優等生ゆうとうせいだし…
真昼まひるそらかんでるような
寡黙かもくつきのあの不器用ぶきようさが大好だいすきなの

あなたにちょっとおくれて ついて
いつだってこんなかんじでちかくにいさせて
となりならんであるけなくてもかまわない
時々ときどきいててね

ひとつの目印めじるしめてしまったら
本当ほんとうらくだよ
なにがあってもあなたの背中せなか
ついてけばいい
Silent moon

あなたの背中信せなかしんじて ついて
わたしには地図ちずはいらないし どこへでもくよ
そう だからつないだりしないけど
さりげなく 見守みまもってくれてる