「さよならガール」の歌詞 センチメンタル・バス

2000/8/2 リリース
作詞
赤羽奈津代
作曲
鈴木秋則
文字サイズ
よみがな
hidden
授業じゅぎょうからした
午前中ごぜんちゅうそら
たのにわたしをからかう
人波ひとなみ逆流ぎゃくりゅうしてきみおもってた
制服せいふくのシワ なつかしい

きみとわたし ふざけてばっかりでも
なんとかあるいてた そんなものかな

さよならガール
ひとつずつけてく
将来しょうらいなぞはどこまであるんだろう
くもはスカシわら

簡単かんたんなコトばかりなや
今思いまおもえば面白おもしろいくらい

いつからだろう なみだってきたな
つよさがあふれだす きみはどこかぜ

さよならガール
つなあるこう
きみとの距離きょりだけはわらないように
わすれないように

夕日ゆうひ土手どておもなんかいよな
いしのひとつでも 今投いまなげてみようか

とりわたるよ わらいかけるよ ほら

さよならガール
まされてたはずの
金色きんいろゆめもそろそろ色褪いろあせる だけど
さよならガール
むねあるこう
リアルな日々ひび結構けっこういいものだね
そらいろえて
ニヤリとほし