「ねこじゃらし」の歌詞 センチメンタル・バス

1999/4/21 リリース
作詞
赤羽奈津代
作曲
鈴木秋則
文字サイズ
よみがな
hidden
タバコくわえてかんがごと
なやおお年頃としごろ
似合にあわなくてもべつにいいよ
きみきよ」

雨上あめあがりのおかうえ
きみとふざけてはしりまわった
きりなかもれてたキモチ
つい、くちをすべらせたの

あつおもいのつぶがほほをつたうよ
よくわからない…
普段ふだんとはちがわたしがいるよ
すごくオンナの

つまらないことですぐすねる
わたしなぐさめては
きみれてるねこじゃらしを
つんでくれた

かぜあらしわるときみ
えてしまいそうだから
もう二度にどとはえないよ きっと
タバコのけむりにはくよ

あわ山吹色やまぶきいろきみとの景色けしき
わすれたくない
ひとりよがりでも ゆめでもいいよ
ずっといていくよ

あつおもいのつぶきみとの景色けしき
わすれたくない
普段ふだんとはちがわたしたよ
すごくオンナの