1. よわむしのぬけがら歌詞

「よわむしのぬけがら」の歌詞 センチメンタル・バス

1999/4/21 リリース
作詞
赤羽奈津代
作曲
鈴木秋則
文字サイズ
よみがな
hidden
こわれたばかりのよわったわたしにさわらないで
すけてるいま姿すがた まだきみにはせたくない

かぜとお日様ひさま れるおもいを
そのねつがせてよ らくになれるから

コンクリート乱反射らんはんしゃ
せみこえかわいてちたぬけがら
わたしのぬけがら

どこかにわすれた記憶きおくきみわたせるなら
だれにもせたことのないホントをひらいてみる

とがるブルーのむかしえて
ああ きみ両腕りょううでわたしっていた

子供こどもみたい はじけてる
その笑顔えがおまもりたいだけで たぶん
私強わたしつよくなる

言葉ことばはまだやめて
よわむしなこえがためらう
夕立ゆうだちの午後ごご
夕立ゆうだちの午後ごご
かみなりるまで

子供こどもじみた はじけてる
その笑顔えがおまもりたいだけなの たぶん
わたしいでも

コンクリートりつけるせみこえ
かわいてちたぬけがら
わたしのぬけがら
よわむしをいだ
わたしのぬけがら
わたしのぬけがら