「サイクリングビート 330」の歌詞 センチメンタル・バス

2000/8/2 リリース
作詞
赤羽奈津代
作曲
鈴木秋則
文字サイズ
よみがな
hidden
自転車じてんしゃ さかばす
れた午後ごご街突まちつけて
きみとさぁ競走きょうそうだ! どこへこうかねぇ

ジェットがついてくる のんびりとした空気くうき
帽子ぼうしがとれてそらった
ほのぼのサイクリングデート

ほそ路地ろじをゆくと
きみ高校こうこうえてきた
はしゃぐ子供こどもゴコロ 公園こうえんれてる

毎日まいにちはせわしなく 手抜てぬきのかえ
時々ときどきこうしてわらえたら
かがやくエブリデイ

ペダルがまわ
ココロがはず
うたをうたおう
きみとわたし かぜにとけた

あおつきした
きみとはじめてのキスをした
しろいきがそっと気持きもちまでつなぐよ

どうせなら最後さいごまで ならんではしろう
ひかりよりはやいスピード
るかな? サイクリング・ビート
つきへととばそう
クールなサイクリング・ビート

うたをうたおう
きみとわたし かぜにとけた