「飛行機雲とチワゲンカ」の歌詞 センチメンタル・バス

2000/8/2 リリース
作詞
赤羽奈津代
作曲
鈴木秋則
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょうもいつものように
きみはたいそうヒネて
わさず
ふたりはひとつのそらをみてた

あぁ 夕暮ゆうぐれの公園こうえん
まちおとがする

どこまでものびる
飛行機雲ひこうきぐもから
のこされたかげはちっぽけなふたり
言葉ことばいオレンジのかえみち
まるできみらないだれかにえた

つぎになるときみ
わすれてケロッとしてる
すこはらつけど
これにたすけられてる

きみはなすコーヒーが
いちばんおいしい

どこまでもける そんながしてる
いつの笑顔えがお もどしたんだろう
かくれするきみおさなかお
とまどう気持きもち ファミレスのまどからげた

どんなに腹立はらたててもやさしいこえだしてね

ふゆになると夜空よぞらほしおとがする

わがままなきみとわがままなわたし
ちいさくてもこえのがさないで
どこまでものびる飛行機雲見ひこうきぐもみ
似合にあいなふたり すこあたたまる
きみ明日あしたもささいなちわげんか
そして仲直なかなおりをかえ
いいねぇ
いいね